みんなが心配しているハイジニーナ脱毛のデメリットとは

脱毛をすることは女性の身だしなみの一つになってきていますが、中でもアンダーヘアを脱毛するハイジニーナ脱毛を行う人も増えてきています。
VIOのラインのムダ毛を処理することによって清潔を保つことができるようになります。
ハイジニーナ脱毛とは、VIOのラインをレーザー脱毛で施術することになります。下着からはみ出るなどのトラブルの多いVラインだけではなく、日本人あまり気にしていなかった女性器周辺のIライン、肛門周辺のOラインのムダ毛を処理することによって様々なメリットがあります。
自己処理の手間がなくなり、自信を持って下着や水着を着ることができるようになる、生理のときの経血やおりもの、排泄物がアンダーヘアに付着してしまうのを防いで、雑菌が増えることを防いでかゆみやニオイなどのトラブルを軽減させることができます。

 

様々なメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。
最大のデメリットとしてあげられるのが、痛みが強いということです。
VラインやOラインは我慢できても、Iラインは激痛ですので、レーザー脱毛では痛すぎて処理を断念する人も珍しくないとされています。
痛みがある理由としては、毛が濃くて皮膚が薄く、色素沈着していうことが挙げられます。レーザー脱毛や光脱毛は皮膚に照射することによって毛根のメラニンに反応させて毛根の毛母細胞という毛を作り出す組織を熱エネルギーで壊しています。メラニンに反応してしまうため、色素沈着している肌にも反応してしまうことで痛みが発生します。
医療機関で行う場合には、麻酔クリームを塗ることもありますが、そうでないこともあるため事前に確認してから行います。
エステの方が痛みが弱く、鎮痛クリームを塗ってくれるもあるため、そのようなエステを選ぶこともオススメです。
毛をすべて処理してしまうなら問題ありませんが、形をしっかり決めずに失敗してしまうと取り返しがつかないこともあるため注意が必要となります。
失敗しないためにも、Vラインをどのような形にしたいかをしっかりイメージして、カウンセリングの時にスタッフと相談してから決めていきます。
また、アンダーヘアが全てないとびっくりされてしまいます。視線を感じることもあるため少し毛を残して脱毛することが無難です。
また、デリケートな部分を人に見せる必要があるため人前では恥ずかしいという人にはハードルが高い脱毛箇所とも言えます。
脱毛を行う場合には、メリットだけではなくデメリットもきちんと理解してから行うことが大切です。