ハイジニーナ脱毛のおすすめは人気の専門サロンで!

ハイジニーナ脱毛のおすすめサロンは?

ハイジニーナ脱毛がおすすめ!

ワキだけでなく、VIOにまで気を使う女性がここ数年で激増しています。以前は水着や下着を身につけた際に、目立たなくする程度の脱毛が主流でした。しかし、最近では全てをつるつるの状態にするハイジニーナ脱毛が大人気なんです。

 

海外セレブや日本人モデルもハイジニーナを公にしているほど、今では若者を中心に年配世代まで広く浸透しました。オシャレなだけでなく、デリケートゾーンを清潔に保て、生理中の不快感も抑えられるハイジニーナ。おすすめのハイジニーナ脱毛サロンはランキングをチェックです!

 

【ハイジニーナ脱毛なら人気のサロンで!気になるハイジニーナ脱毛サロンランキング】

 

 

どう選ぶ?初めてのサロン脱毛

昔は敷居の高かった脱毛サロンも、お手頃価格で永久脱毛できる店が増え、店舗選びで迷うほどになりました。
サロン選びで失敗したくない。
それなら、気になるサロンのカウンセリングをまずは受けてみましょう。
カウンセリングの際に、できること、できないことをはっきり伝えてくれるサロンや、金額が定額制のサロン、無理な勧誘をしてこないサロンは良い店舗だと言えます。
ハイジニーナ脱毛の場合、施術していることをオープンにしていない女性も多いですから、口コミなどの評価を参考にしながら、実際に足を運んでみることが重要です。
また、VIO脱毛は毛が太く、さらに毛量の多い部位のため、時間がかかりがちです。
通いやすい立地であることや、行きつけの店舗が混んでいる時には系列店でも予約を取れるサロンである、といった点にも注意しましょう

 

人気沸騰!メリットたくさんのハイジニーナ脱毛

ハイジニーナ脱毛して水着を着るのがおすすめ

VIO脱毛のカウンセリングを受けたほとんどの女性が、脱毛のスタイルとしてハイジニーナを選択する時代。
その理由とは一体どこにあるのでしょうか?
ハイジニーナ脱毛を行った女性が、嬉しい点として第一に挙げるのは、やはり下着や水着を安心して着こなせることでしょう。
ハイジニーナなら、剃り忘れや、剃った後の嫌なチクチク感から解放されることができます。
第二に、ハイジニーナ脱毛を行うことで、清潔さを保てるようになります。
VIOは日ごろから雑菌が入りやすい部分ですが、ハイジニーナになることで膣炎や膀胱炎などを未然に防ぐことへとつながります。
生理中も毛へ血液が付着することなく過ごせますので、これまでよりアクティブに活動できますね。
VIP脱毛は恥ずかしい、という女性も、プロが脱毛を行うサロンなら安心です。
テキパキとした施術と和やかな会話で脱毛が進んでいきますから、照れくさい気持ちもあっという間に吹き飛んでいきますよ。

 

ハイジニーナ脱毛の気になる痛み

ハイジニーナ脱毛のメリットは気になるけれど、痛そうだからと躊躇している女性もいるようです。
どうしても気になるという方は、痛み軽減に特化したサロンを選ぶと良いですね。
一般的に医療用レーザー脱毛の場合は激しい痛みを感じるようです。
しかし、こちらのランキングに掲載されているサロンで使用している脱毛器は、毛に光を当てるタイプですので、痛みは少なく肌に優しいと言われています。
粘膜に近い部分など、デリケートなエリアもありますので、無理せず弱めのパワーでマメに通うことが、キレイなハイジニーナへの近道だといえますね。
体調が悪い時や、生理前後は痛みを感じやすいというデータもありますので、サロンの予約は生理日からできるだけ遠ざけ、前日はしっかり睡眠を取ると良いでしょう。

 

ハイジニーナ脱毛とは

ハイジニーナ脱毛とは、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンのムダ毛をまとめてお手入れすることができる脱毛コースの名称です。フラッシュ脱毛の普及が進んだことにより利用者も増え始め、ほとんどのサロンがハイジニーナ脱毛のコースを設けています。全身脱毛コースにも含まれていることが多いので、ワキや腕や脚などのムダ毛のお手入れをするような感覚で気軽に利用することができます。最初は恥ずかしさや抵抗感があるという人も多いかもしれませんが、慣れてくれば全く問題ありません。施術をしてくれるスタッフも恥ずかしさを感じないように配慮してくれていますので安心してお任せすることができます。サロンが用意した専用のパンツに履き替えての施術となりますので自分の下着を汚してしまう心配はありません。デリケートゾーンにフラッシュのライトを照射するだけなので低刺激で肌にやさしい施術です。熱さや痛みなどもほとんどありません。肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して施術を受けることができます。ムダ毛には生え変わりの周期があります。それを毛周期と呼び、その周期は2〜3ヵ月程度です。フラッシュ脱毛はこの毛周期のタイミングに合わせて施術を重ねることで効率的に脱毛を進めていくという脱毛方法です。ですので、サロンに2〜3か月に1回程度のペースで通うということになります。個人差がありますがだいたい10〜15回程度の施術回数で脱毛が完了してムダ毛のないツルツルでスベスベなデリケートゾーンに導くことができます。

 

 

ハイジニーナ脱毛がおすすめの人

海へ行く前にハイジニーナ脱毛がおすすめ

ハイジニーナ脱毛とは、デリケートゾーンのムダ毛をすべて脱毛してしまうことを言います。

 

語源は、hygine=衛生的からきています。
要するに、デリケートゾーンのムダ毛がなくなることで、衛生的に保てますよ、と表現しているともいえます。

 

そんなハイジニーナ脱毛がおすすめの人はというと、

  • ハイレグの水着や下着をつける機会が多い
  • デリケートゾーンの皮膚病などがある
  • 自己処理が大変だと思っている
  • 毛がないことで、ツルツルで衛生的にしたい

という方にとっては、ハイジニーナ脱毛はおすすめです。

 

本来デリケートゾーンの毛は、守るために覆われているのですが、実際にはその必要性は少なくなっています。
下着をつけないでひと目に晒すことはない部位ですし、かえって密封された部位で、毛がないことで肌トラブルや臭いの軽減などメリットが多いとも言われています。
自分で行うムダ毛処理とは違い、ハイジニーナ脱毛は、安全にキレイに施術することができます。

彼氏のためにハイジニーナ脱毛がおすすめ

 

日本でもモデルはハイジニーナ脱毛をしている方はとても多いです。
そのことによって、大胆なファッションを楽しむことができたり、自己処理もしなくても良い、脱毛後は肌がきれいになったなどとても好評です。

 

諸外国の事情では、男性の脱毛も常識の国もあります。
そんな常識が日本にも入りつつあるのも確かですが、日本ではデリケートゾーンに毛があり、それを隠すことが常識とされています。
脱毛の認識が広まってきた現代は、だんだんとハイジニーナ脱毛はスタンダードになっていくことでしょう。
おしゃれな人はやっているよ、と言う時代になりつつあります。

 

 

ハイジニーナ脱毛ができるおすすめサロン

ビキニを着るならハイジニーナ脱毛をしよう

ハイジニーナ脱毛とはアンダーヘアを完全に無くすというスタイルのことであり、Vラインを少しだけ残す形も人気となっています。欧米ではもともとアンダーヘアの手入れが定着しており、日本でも広まってきています。アンダーヘアというとVラインをイメージする人が多いでしょう。しかし、露出の多い水着や下着を着る場合、IラインやOラインのムダ毛なども気になってしまいます。エステサロンではVラインとIライン、Oラインの脱毛をセットで勧めることが多く、Vラインだけ綺麗でも水着からムダ毛がはみ出してしまうことがあるので注意しましょう。また、Vラインくらいなら自己処理できると考えるかもしれませんが、IラインやOラインは自己処理の難しい部分ですし、プロに任せるのがおすすめです。Vラインの脱毛範囲や形は好みに合わせて決めることができます。しかし、形を決めるだけでなく毛量を減らしたい場合もありますし、最初の数回は全体的に照射してもらうと良いでしょう。施術する最中にはムダ毛を一度全て処理することになりますが、少しずつ手入れが楽になっていくのを実感できます。Iライン は完全に無くすか毛量を減らすのかを好みによって決めていくことになります。ウォータースポーツなどを行う場合は完全に処理した方が安全なのですが、粘膜に近い部分なので痛みを感じやすいと言われています。また、Oラインについては完全に無くすのがおすすめであり、それによって清潔感を保ちやすくなるのです。ハイジニーナ脱毛を受けたいという場合、通いやすさや予約の取りやすさ、料金、施術内容などをしっかり確認してエステサロンを選んでいく必要があります。ムダ毛というのは1回の施術だけで無くなるわけではなく、何度か通う必要があるため、そのエステサロンへの通いやすさは重要なポイントとなります。また、予約の取りやすさを重視する場合、営業時間が長いエステサロンやインターネットかた予約できるところにすると良いでしょう。

 

ハイジニーナ脱毛のデメリットとは

ハイジニーナ脱毛で好みのVラインを作る

ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンの脱毛をさします。主にVIOラインで、ケアをすることで小さな下着や水着を美しく着こなすことができる他、生理時のムレや汗、排泄物がムダ毛につくのをふせいでデリケートゾーンを清潔に保つことができます。回数を重ねる度に毛は薄く細くなっていき、自己処理のいらない状態になります。Vラインは好みの形に整えることも可能です。施術者としっかり打ち合わせをしてから施術にのぞむことで、自分の好きな形ができあがりますが、相談が不十分だと希望と異なる形になるデメリットがありますので注意しましょう。一般的にデリケートゾーンの毛は太く濃いため、完了までにかかる回数が他の部位に比べると多くなる可能性が高まります。また、お肌がデリケートのため、光やレーザーを当てたときに痛みを感じやすい部位です。生理時には施術が行えないため、月額制の契約をしている際には施術が行えない場合、料金をムダにしてしまう可能性がデメリットといえますが、施術者と相談し、トラブルが起きないように対処することがポイントです。クリニックで行うレーザー脱毛は、痛みが強い場合は塗る麻酔をしてくれるところもあります。エステサロンなどで行う光を使った脱毛の場合には、照射のパワーを変えるなどダメージを与えないように施術を行うこともできますので、痛みを我慢せずに施術者に伝えましょう。完了後は毛穴が引き締まって美しい状態になる期待がもてます。

 

 

ハイジニーナ脱毛をする前の準備、方法、やり方

ハイジニーナ脱毛は人生の中で何度も繰り返し行なうことではないので、流れがわからないという心配をしている方も大勢居ます。
そのため、予約が完了した後にどのような状態で施設に足を運べば良いのかが不明だという方が多いです。
そのような中、特に気がかりになるのはハイジニーナ脱毛を行って頂く前に自己処理を済ませておくべきなのかという事です。
クリニックやサロンで最終的には全て脱毛されるので、お手入れをしない状態で行っても良いと考えられる事も多いのですが、良好なのはしっかりと自己処理を済ませてから行くことです。
実際にハイジニーナ脱毛を希望して予約手続きをする時も、スタッフの方から自分で処理しておくように伝えられます。
そして、ハイジニーナ脱毛は脱毛サロンと医療クリニックによって方法が変化することも理解しておきましょう。
ハイジニーナ脱毛に限った話ではないのですが、脱毛サロンというのはお店に医師が在籍しているわけではないので、出力が強い機器を導入することができません。
そのため少しずつ小さな力の光を当ててハイジニーナ脱毛を完了させていきます。
医療クリニックにおいてはいつも医師免許を持っている方が働いてるので、強いレーザーを当てて作業することが許されています。
使う道具や仕組みが違うという事は、当然途中段階の様子や方法にも違いが生まれるので、まずはどちらに通うべきなのかを正しく判断した方が良いです。
ただし、どちらにおいてもカウンセリングでは気になったことを何でも聞く姿勢だ大切です。

 

 

生理中、終わりかけにハイジニーナ脱毛はできる?ミュゼ、ディオーネ、プリートの対応とダメな理由

自宅で脱毛を行う人も多いですが、やはり美しく仕上げたい、毛の量を確実に減らしたいという場合はサロンの施術がおすすめです。
最近は光を利用した施術が一般的で、肌への負担や痛みも少なく快適な施術が受けられますし、ほぼ全身に対応しています。
そして施術は何度も行う必要がありますので、脱毛サロンを利用する際は次回の施術は事前に予約を行っておくことが一般的です。
そして、脱毛は体調が良いときに行うことが基本ですので、予約の時には生理日に当たらないかをよく考えて日にちを決めておく必要があります。
生理日を意識していても、やはり体調には変化もありますので、予期しないときに生理が始まってしまう可能性もありますので、もしもの際の対応がどうなっているのか、対策方法も確認しておきましょう。
脇など下半身と離れた部位の施術であれば、生理中でも対応してくれるサロンもありますが、ハイジニーナ脱毛のようにデリケートゾーンの施術には対応していないことがほとんどです。
サロンによって対応には違いがありますが、人気の脱毛サロンミュゼでもやはり生理中はデリケートゾーンの施術が行われないこととなっています。
生理中は肌がいつもより敏感となり、痛みや赤みが強く出てしまう可能性もあります。そしてデリケートゾーン以外の場所であれば体調も良く、薬などを飲んでいない場合は対応してもらうことができます。
プリートはデリケートゾーンを専門に施術を行うサロンとしてこちらも高い人気となっています。そしてやはりこちらのサロンでも生理中は肌が敏感になり、抵抗も落ちているということで、施術は行われないようになっています。
そして、肌のデリケートな人にも安心して施術が受けられると人気が高まっているディオーネでもやはり肌が敏感になりやすいなどの理由で生理中のハイジニーナ脱毛は行われていません。体調がよく他の部位であれば対応してもらえる可能性もありますので相談してみましょう。
これらのサロン以外でもやはり生理中は体調の変化や肌が敏感になりやすい、さらに衛生面もありますので、施術に対応していないことがほとんどです。
ハイジニーナ脱毛を安全に行うためにも、やはり生理中は避け予約を取り直しておくことがおすすめです。
当日のキャンセルも行うことができますが、当日ではキャンセル料が発生してしまうことも多くなっていますので、生理が来てしまった場合は早めに連絡を行い、予約を取り直しておきましょう。

 

 

ハイジニーナ脱毛の安全性と危険性について

ハイジニーナ脱毛という言葉自体は比較的近年耳にされるようになったワードですが、すっかり現代の女性たちに受け入れられています。
そもそも、ハイジニーナ脱毛というのはアンダーヘアを処理して生涯生えてこなくさせるための作業であり、行なうことで様々な恩恵が受けられます。
デリケートな部位なので、絶対に失敗したくないですし痕が残ってしまうといった事も避けたいものですが、今日の技術は非常に高くなっているため安全性に関しては心配する必要がありません。
こうしたハイジニーナ脱毛を受けた方々から耳にする意見は多種多様なのですが、特に寄せられることが多いのは、清潔に過ごすことができるようになり明らかに快適になったという事です。
実は、ハイジニーナ脱毛という少し変わった名称は衛生的という意味の英語が由来です。
つまり、処理を行えば誰もがこれまで感じたことのない清潔感を覚えることが可能になるというわけです。
女性には女性ならではの不都合が生じてしまうので、時にはムダ毛に絡みついてしまい嫌な気持ちになってしまうこともあります。
ハイジニーナ脱毛ならかつて嫌悪感を抱いた事柄全てが解消させられるようになるのです。
このように、自分自身が以前よりも良い気持ちで過ごす目的で施術を決意する方が居る一方で、可愛らしい水着や下着を着用することを目的としている方も居ます。
肌を露出する面積が極めて多い衣類の時に重宝するのですが、安心して受けられるハイジニーナ脱毛なら脱毛している事が周囲に知られてしまうことはありません。
清潔に過ごすことができて服装を選ばないという事から魅力ばかりがあるように感じられますが、ハイジニーナ脱毛には気をつけなければならない事もあります。
それは、一般的な全身脱毛で行なう部位に比べると痛みがとても大きいということです。
よく見るとわかりますが、他の部分よりも太くて濃い毛が生えているので、強い痛みを感じてしまいやすいのです。
痛さに我慢できない方は中途半端な状態でやめてしまう恐れもあります。

 

 

ハイジニーナ脱毛の回数の目安と効果について

VIOラインが毛深くても他の部位に比べると、他人に見られることが少ない部位なので、むだ毛の自己処理をあまりせず伸ばし放題という女性もいます。
しかし、彼氏ができると急にあわててVIOラインを自己処理する人もいますが、自己処理がとてもしにくい部位なので、うっかり皮膚を傷つけてしまい余計みっともなくなります。
日ごろからしっかりVIOラインのむだ毛の手入れをすることが大事ですが、IラインやOラインは性器や肛門が近い部位なので慎重にむだ毛の自己処理をしなければいけません。
自分ではVIOラインのむだ毛処理は難しいと感じたら、無理をせずエステサロンに通いエステティシャンにハイジニーナ脱毛を任せるといいでしょう。
最近は海外セレブなどの影響でハイジニーナ脱毛に力を入れているサロンも多く、かなりの格安料金でハイジニーナ脱毛ができます。
サロンでおこなうハイジニーナ脱毛はどれくらいの回数の施術を受ければ、脱毛が完了するかわからないという人もいます。
ハイジニーナ脱毛は他の部位に比べると、脱毛効果が出にくい部位なので回数も12回〜18回くらいが必要になります。
12回〜18回くらい施術をおこなうと、自己処理がいらいない程度の脱毛効果が期待できます。
ただし毛周期にあわせて施術をすることが大事で、毛周期にあわせて施術をしないと脱毛効果がでにくいので気をつけてください。
2〜3か月に1度の毛周期にあわせて施術をすると、12回〜18回の施術だと2年〜3年くらいかかることになります。

 

VIO脱毛でチクチク?かゆみを和らげるためには?

VIO脱毛をすると、チクチクしてかゆい!という口コミをよく見かけます。
脱毛をするとチクチクしてかゆいと勘違いしてしまう人が多いのですが、実はVIO脱毛したからチクチクするのではありません。チクチクする原因は脱毛前に行う剃毛(ていもう)=デリケートゾーンの毛を剃ることです。
毛を剃ると、毛の先端がとがって毛穴の周りの肌を刺激します。さらにカミソリは肌に大きな負担をかけてしまうので、肌がさらに乾燥しやすい状態に。
腕や脇のムダ毛と異なり、VIOラインはとてもデリケートですから、毛の刺激と乾燥でチクチクが気になりやすいのです。
でもチクチクが気になるからといって、掻いてしまうのはNG!色素沈着を招くだけでなく、肌トラブルによりVIO脱毛そのものの仕上がりが悪くなることにつながってしまいます。

 

VIO脱毛のチクチク対策には「保湿」が一番です。徹底的な保湿をすることで肌を整えることで、チクチクの不快感を減らせるのです。
ではどのような保湿がいいのでしょうか?
脱毛サロンによっては、専用のアフターケア用クリームを用意しているところもあります。ただしサロン用はお値段がやや高めでちょっと…という場合は、市販品でも大丈夫です。肌になじみやすいクリームや化粧水で低刺激のものを選ぶといいでしょう。

 

VIO脱毛中のチクチク対策を紹介

VIO脱毛の施術後はどうすればいいのでしょうか?
やはり肌に負担をかけないように過ごすのが一番です。
けれども普段の生活では、そこまで気をつかうのは難しい!という方は次の点に気を付けてみましょう。

 

1.まずは保湿

さきに述べたように、チクチク対策の一番はしっかり保湿することです。

 

2.下着は通気性を重視

脱毛後で敏感になっている肌には下着や洋服の締め付けはNGです。肌を締め付けてしまうと、デリケートゾーンに湿気が籠ることに。湿気が籠ると、湿った肌と布の間に余計な摩擦を生んでしまうのです。
また肌を締め付けることで血流が悪くなり、いつも以上に肌が過敏になり余計にチクチクしてしまうことに。
VIO脱毛期間中は綿などの素材を選び、また肌を締め付けないサイズやデザインを選ぶといいでしょう。

 

3.入浴の注意点

入浴に関しては、一般的に施術後1週間は湯船につかることを避けるように指示があります。脱毛後は毛根がダメージを受けている状態です。外部からの刺激によっては熱を持ったり、ただれたりしてしまうことがあるからです。
湯船にゆっくりつかると肌の代謝を上げてしまうので、シャワーでさっと汗を流す程度にします。
体を洗う時の注意点ですが、VIO脱毛をした部分には石鹸やシャンプーの泡がつかないように注意します。また脱毛した部分はぬるま湯で優しく洗い流す程度にしましょう。
脱毛部分に湯が直接かからないように清潔なタオルなどを置くだけでも違います。

 

施術後のケアで不明なことは、どんな些細なことでも担当したスタッフに聞くことをオススメします。
VIO脱毛を行う場合、脱毛前よりも脱毛後の生活が大切です。脱毛をしたことで、その後の生活を楽にするためには、ケアがものを言います。脱毛後に余計な肌トラブルで悩まないためにも、しっかりと対策することが大切です。

 

VIO脱毛のチクチクで彼氏にバレる!?彼氏の許可は必要?

自分でも不快なアンダーヘアのチクチクは彼氏にバレるのでしょうか?
実は気づかれていないと思っているのは女子ばかりで、男子はしっかり気づいています。キスのときに男子のひげが嫌だと眉をひそめる女子が多いのと同じように、男子も女子のムダ毛処理後のチクチクに、げんなりしているのです。

 

それなら、VIO脱毛前にカミングアウトするべきなのでしょうか。

 

答えは「いいえ」です。
先ほど述べたように、チクチクそのものは脱毛が原因ではなく、脱毛前に毛を剃るからです。ではどのような場合にカミングアウトするべきなのでしょうか。

 

1.どんなラインでも一度はパイパンになるということ

VIO脱毛の語源であるVライン(ビキニライン)・Iライン(最も女性器に近いムダ毛)・Oライン(お尻の奥)の処理をする場合、特にVとIラインはどのような形に整えるであっても一度はすべてを剃るようになります。つまりパイパンになるのです。
このパイパン状態になることを、あらかじめ伝えておくことが大切なのです。
エッチしようとしたら、彼女がパイパンだった!?突然のカミングアウトでは、彼の受ける衝撃は計り知れません。
彼がそういった嗜好の持ち主であれば大歓迎かもしれませんが、そうではない場合は余計な勘繰りを招くことにも繋がりかねませんので、カミングアウトはやはり施術前がオススメです。

 

2.エッチ禁止の期間がある

入浴でも書きましたが、VIO脱毛後は肌の刺激になることは避けなければなりません。この禁止行為に、エッチも含みます。
一般的にはエッチの禁止は脱毛後3日くらいですが、肌の調子によってはエッチの気分にならないこともありますよね。
最低限3日はエッチできない期間であることを頭に入れて、デートと脱毛のスケジュールがバッティングしないようにすることをオススメします。

 

またエッチが解禁でも1週間は入浴できませんから、デートだけでなく友達や家族との旅行前もVIO脱毛は避けた方が無難と言えるでしょう。

-